何の疑念もなく

「何を感心していらっしゃるの。……行っていらっしゃいよ。つまらないことばかり云って、また坊やが眼を覚すじゃありませんか。」「三界に身を置くところなしか。……行ってくるかな。……どこだろう、一番近くて一番よく海が見えるところは……。」 品川か……大森か……羽田か……そんなことを独語しながら、彼はな...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 10:58 am  

まるで海みたいなものだ

「まるで海みたいなものだ。」「え、海……。」「海が見たくなっちゃった。」「じゃあ見にいらっしゃいよ。」「そうだな、今から行って来ようか。だが……。」「なあに……。」「まだ暑いし、……。」「だから、海は涼しくていいんじゃありませんか。」「そうかしら……。一緒に行こうか。」「わたし?」...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 10:57 am  

月に一度か二度

 佐野陽吉には、月に一度か二度、彼の所謂「快活の発作」なるものが起った。 初めはただ、もやもやっとした、煙のような、薄濁りのした気分……。それが次第に濃くどんよりと、身内に淀んできて、二つの異った作用を起した。一つは、頭脳がひどく鈍ってきた。一種の毒気みたいなものが、頭の中に立罩めて、こみ入ったこ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 10:56 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0106 sec.

http://submarinesystems.co.uk/