佐野は構わずにボーイを呼んだ

 佐野は立っていった。「おい」と肩を叩く気勢で、「どうしたい。」 友人を迎える彼の笑顔に向って武田は夢からさめたような顔を挙げた。「やあー。」「暫くぶりだね。」「うむ。」「どうしてるんだい、其後……。まあ、あっちの卓子に来ないか。」「そう。」 気の無さそうなのを、佐野は構わずにボーイ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 10:59 am  

嬉しそうな顔

 ばかばかしいといったような、それでも嬉しそうな顔を、彼女はしていた。「ほんとだ、僕には散歩が一番いい。……じゃあ行ってくるよ。」 そして彼は家を飛び出した。 ――家庭平和だ。俺は妻を愛してる。 ――うまくやったな。 そういう二つの漠然とした思いが、その日一日の遊蕩の予想を、更に愉快なもの...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 10:59 am  

何の疑念もなく

「何を感心していらっしゃるの。……行っていらっしゃいよ。つまらないことばかり云って、また坊やが眼を覚すじゃありませんか。」「三界に身を置くところなしか。……行ってくるかな。……どこだろう、一番近くて一番よく海が見えるところは……。」 品川か……大森か……羽田か……そんなことを独語しながら、彼はな...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 10:58 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0106 sec.

http://submarinesystems.co.uk/