武田は頑として冷い顔をしていた

「ああほんとだ。」 武田は頑として冷い顔をしていた。 佐野は食事を続け、武田はビールを飲んだ。「行こう行こうと思ってて、つい行きそびれちゃってね……。」「いやお互様だよ。……君んとこは皆丈夫かい。」「ああ丈夫だ。」「二人とも……。」「二人とも、……うむ、丈夫にしてるよ。」 敏子の顔が...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:00 am  

佐野は構わずにボーイを呼んだ

 佐野は立っていった。「おい」と肩を叩く気勢で、「どうしたい。」 友人を迎える彼の笑顔に向って武田は夢からさめたような顔を挙げた。「やあー。」「暫くぶりだね。」「うむ。」「どうしてるんだい、其後……。まあ、あっちの卓子に来ないか。」「そう。」 気の無さそうなのを、佐野は構わずにボーイ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 10:59 am  

嬉しそうな顔

 ばかばかしいといったような、それでも嬉しそうな顔を、彼女はしていた。「ほんとだ、僕には散歩が一番いい。……じゃあ行ってくるよ。」 そして彼は家を飛び出した。 ――家庭平和だ。俺は妻を愛してる。 ――うまくやったな。 そういう二つの漠然とした思いが、その日一日の遊蕩の予想を、更に愉快なもの...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 10:59 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0109 sec.

http://submarinesystems.co.uk/