母が死んだ時の覚えがある

「ある。……だが、もうそんな話は止そうよ。」「話したくないことなら、仕方ないが……。まあいいや、そのうち何もかもよくなるよ。実際人に死なれるってことは、嫌なことだ。僕にも母が死んだ時の覚えがある。然し、いつのまにか、遠い過去のことになってしまうものだよ」「…………」 武田は黒ずんだ眼を瞬いて、...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:01 am  

武田は頑として冷い顔をしていた

「ああほんとだ。」 武田は頑として冷い顔をしていた。 佐野は食事を続け、武田はビールを飲んだ。「行こう行こうと思ってて、つい行きそびれちゃってね……。」「いやお互様だよ。……君んとこは皆丈夫かい。」「ああ丈夫だ。」「二人とも……。」「二人とも、……うむ、丈夫にしてるよ。」 敏子の顔が...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:00 am  

佐野は構わずにボーイを呼んだ

 佐野は立っていった。「おい」と肩を叩く気勢で、「どうしたい。」 友人を迎える彼の笑顔に向って武田は夢からさめたような顔を挙げた。「やあー。」「暫くぶりだね。」「うむ。」「どうしてるんだい、其後……。まあ、あっちの卓子に来ないか。」「そう。」 気の無さそうなのを、佐野は構わずにボーイ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 10:59 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0106 sec.

http://submarinesystems.co.uk/