名古屋で工場をやっている

「君はそんなことを報告するために、伊東までやって来たのか」「いや、ちょっとお話したいことがあって」「どんな話だね?」「ロッジへ入って来たのは、大池忠平でなくて、名古屋で工場をやっている、弟の大池孝平です」 捜査一課は下眼《しため》になって、なにか考えていたが、煙草に火をつけると、胡散くさいと...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 10:47 am  

加藤捜査一課

「妙な話だな……どういうことなんだい」「星明りで、はっきりとアヤは見えなかったが、どこかやられたらしくて、フラフラになっていました……ガレージの横手からまわりこんで、勝手口からロッジへ入りました」「女はどうした?」「お見込みどおりでした。時間の打合せがあったのだとみえまして、女のほうが先に二階...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 10:47 am  

明日の朝まで十二時間

「私の冠状動脈は紙のように薄くなっている。こんど発作をおこしたらもう助からない……明日の朝まで十二時間……それまで保合《もちあ》ってくれるかどうか、辛い話だよ」 大池は自首することにきめたらしい。すこしも早く警察と連絡をつけたいふうだが、湖水の近くで電話のあるところは、キャンプ村の管理事務所か伊東...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 10:46 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0120 sec.

http://submarinesystems.co.uk/