大池は素直にうなずいた

「大池さん、十一時よ……あと七時間……いままで保《も》った心臓なら、明日の朝まで保つでしょう。しゃべるのはそれくらいにして、すこし眠ったらどう」 胸にたまっていたものを吐きだしたので、気持が楽になったのか、大池は素直にうなずいた。「眠れるかどうか、やってみる……赤酒をください。三十CCぐらい……...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 10:53 am  

こんどの破産詐欺

「そんな女なんだ……こんどの破産詐欺も隠し資産も、みんなあの女が手がけたことだ……琴子の場合はこうだった。琴子は胸の悪いところへ妊娠して、不眠で苦しんでいた。そのとき女子薬専を中退したばかりの君代が、派出看護婦で来ていた。琴子は君代に催眠剤をくれというが、やらない。そこが読みの深いところで、気の弱い...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 10:53 am  

君はもう察しているだろう

 聞きたいことなど、なにもない。だまっていてくれるほうが望みだったが、大池のあわれなようすを見ると、そうは言いかねた。「聞いてあげてもいいわ。それで、あなたが気が休まるなら」「私が何者だか、君はもう察しているだろう。二十日の朝、名古屋の私のところへ、君代が東京から長距離電話で、こんなことをいって...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 10:52 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0110 sec.

http://submarinesystems.co.uk/