快活に微笑んでた

「それがね……少し。」 佐野はうそうそと微笑んだ。昼間からのことが、いろんなことが、頭に浮んでいた。「どうなんだい。」「まあいいや。……そんなことよりか、今晩、これから改めて飲みに行こうか。たまには気晴しもいいよ。」「飲むのはいいが……。」 武田は立止って、佐野の顔をじっと覗き込んできた。「君はこの頃、遊び初めたんだね。」「いや、遊ぶというほどじゃないよ。ごくたまに……。」「女を買うのか。」「…………」 快活に微笑んでた佐野は、意外なものにぶつかった。武田とは以前時々、待合にこそ行かなかったが、芸者を呼んで騒いだこともあった。その武田が……。「そして細君は……。」 軽い驚きから一転して、佐野は愉快なそして道化た調子になった。「大丈夫さ。何も知らないよ。また知ったとて嫉妬を起すほどのことでもないからね。僕はすぐに相手の女の顔も名前も忘れちまうんだ。まあ、たまに家庭外の飯を食う、それくらいのことにしか当らない。そして元気になりゃあ、それでいいじゃないか。」「そんなばかなことが……。」「実際そうなんだから仕方ないよ。何でもない、一寸した刺戟性の香料みたいなものさ。……香料と云やあ、面白い話があるよ。僕の友人に医学士がいてね、ふと考えついて、病院の実験室で女の鬢附油を使ってみた。何でも硝子と硝子とを密着さして空気の流動を防いで、その硝子器の中で血液中の酸素を調べたりなんかする実験なんだ。その硝子を密着させるのに、普通はワゼリンを使用するんだが、粘着力がわりに弱い。そこで鬢附のことを思いついて、やってみると、なかなか成績がいい。……ところがね、鬢附をねっていると、その匂いがぷんと鼻にくる……。薬品の香のこもった厳粛な実験室だ。その中で鬢附の匂い……そして、色街《いろまち》のことがふっと頭に浮ぶ……。そうなると、その日は駄目だが、一晩遊んで翌日からは、平素に倍して実験に身がはいる……と云うんだ。普通の男にとっては、遊びなんていうものは、それが全部で、そしてそれだけのものさ。」 話してるうちに、橋のところに出た。油ぎったどろりとした水が、波紋一つ立てないで、街燈の灯を映していた。「じゃあ僕は、ここで失敬しよう。」

— posted by id at 11:04 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1782 sec.

http://submarinesystems.co.uk/