何だか不気味な恐ろしい気持

「困るとか困らないとかいう問題じゃないよ。全く思いもよらないことなんだ。」「誰だってそんな……。だが、考えてみれば、それも愛情のせいかも知れないよ。」「愛情……そういった気持とは全く別なものだ。僕は何だか不気味な恐ろしい気持さえしてるんだから。」 佐野も聞いてるうちに何だか変な気持になりかかっていた。それは単に気のせいだ、と云ってしまいたかったが、武田の調子や顔付を正面にしては、そうも云いきれないものがあった。 暫く黙り込むと、武田の顔はまた憂鬱な仮面みたいになっていた。「外を少し歩こうか。」「うん。」 街路の方が、燈火の度は遙に淡かったけれど、佐野には、ずっと明るいところへ出たような気がした。多くの通行人の頭の上を軽い風が吹き過ぎていた。空高く、星が二つ三つ光っていた。方々で、ラジオの喇叭から、無関心な騒音が流れ出ていた。 武田は何かに怒ってでもいるかのように、黙って真直に歩いていた。単衣に兵児帯、そして太い支那竹のステッキをついて……。 ――一定の形を具えた空虚……動き廻ってる空虚……。 佐野はそんなことを頭の中でくり返した。 暫くぶりに、レストランの中でふいに現われて、変なことを饒舌って、仮面みたいな憂鬱な顔をして、今黙々として歩いてる武田自身が、形はあるが空虚だったら……。拳固でどやしつけて、その拳固がすっと突きぬけたら……。 佐野は我ながらばかばかしくなった。とたんに、衝動的に、武田の肩を叩いた。骨立った薄っぺらな固い感じがした。「え?」

— posted by id at 11:02 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1753 sec.

http://submarinesystems.co.uk/