名古屋で工場をやっている

「君はそんなことを報告するために、伊東までやって来たのか」「いや、ちょっとお話したいことがあって」「どんな話だね?」「ロッジへ入って来たのは、大池忠平でなくて、名古屋で工場をやっている、弟の大池孝平です」 捜査一課は下眼《しため》になって、なにか考えていたが、煙草に火をつけると、胡散くさいといったようすで問いかえした。「忠平でなくて、孝平か」「そうです」「えらいことを言いだしたな……それは確信のあることなのか」「兄の忠平は顔写真でしか知りませんが、孝平のほうなら、たびたび名古屋の家へ宅参《たくまい》りして、いやというほど顔を見ていますから、間違えるはずはありません」 捜査一課は丸山捜査主任のほうへ向きかえると、癇のたった声で投げだすようにいった。「あのプリムスは、大池忠平が東京を逃げだすとき、乗って行ったやつだったんで、ちょっと、ひっかかった。ちくしょう、味なことをしやがる」 丸山捜査主任は渋い顔でうなずいた。「それは、あの女が言ってましたね……ロッジで逢ったのは、顔写真の男とはちがうようだって……あれは正直な発言だったんですな……皮肉な女だ。てんで舐めてかかっている。あれはマレモノだよ」「うまく遊ばれたらしいね」 畑中刑事が捜査一課にたずねた。「部屋長さん、二人をひっぱっちゃいけないんですか。あんなことをしておくと、なにかはじまりそうな気がするんですが」「どういう名目でひっぱるんだ? ひっぱったって留めておくことはできないぜ……兄が自殺するというので、おどろいて飛んできた、なんていうだろうし……弟のほうには、いまのところ、共犯だという事実はなにもあがっていない」「じゃ、女のほうだけでも」

— posted by id at 10:47 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0354 sec.

http://submarinesystems.co.uk/