藤枝がいよいよやつて来る

 私はそういわれて、林田と入れ交《ちが》いに廊下にとび出し、いそいで藤枝をよび出した。 彼はまだ病床にいる筈だが、今はそんな事を云つている場合でない。私は無理に電話に出てもらつた。そうして今私が見た所を手短かに話した。電話口で藤枝のあわてた声がきこえる。「何だ。ジョセフ・スミスじやないか! よし、俺はすぐ行く。しかし君はそれまでに風呂場をも一度出来るだけ調べてくれ給え。そして少しでも妙なものがあつたら、よくおぼえておくんだ」 藤枝がいよいよやつて来る。これで私も一安心と再び風呂場にもどつたのである。 このときは、急をきいて、伊達もさだ子も中にやつて来た。ひろ子はもはや回復したらしく、あおい顔をしたままやはり中にはいつて来て、とりあえず初江の死体を日本間にうつすことにきまつた。 木沢医師が来るまで、林田が人工呼吸をやつてしきりと水をはかせているようだつたが、初江の様子は素人の私が見ても全く絶望の状態であつた。 正確な時間をはつきり記憶していないけれども、初江の死体発見はひろ子がさつき、「もう六時四十分ですわね」 といつて庭から去つてから三、四分後のことだから、多分六時四十分から五十分の間であろうと思う。 それから約十五分後に木沢氏がいそいであらわれて、応急の手当に全力を注いでいるようだつたが全く努力は報いられなかつた。「溺死ですな。浴槽の中で溺死されたわけです。不思議な現象です。私は、はじめてですよ、こんな場合に遭遇したのは」 この木沢医師は、ジョセフ・スミスの事件を知らないと見え、不思議そうな顔をしていた。「風呂場の中で、エピレブシーをおこしたとすれば、こういう状態がおこるかも知れませんがね。しかしこのお嬢さんを私は大分長く診ていますが、今まで発作をおこしたような事はないんですがねえ」

— posted by id at 03:29 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.4076 sec.

http://submarinesystems.co.uk/